男の人と女の人

ワンルームマンション投資は賢く収益を得たいあなたにおすすめ

ローンが活用できる

集合住宅

テレビや新聞などメディアで取り上げられるマンション投資は、ここ数年で話題になっている投資方法です。一般的にマンション投資と聞くと、高額な資金がかかるため、一般人には到底難しいものと考えられがちですが、ローンを活用することができます。人によっては、マンション投資を自己資金で始める人もいますが、大抵の人に難しいものです。このようなときにローンを利用するのですが、購入する際に必要となる自己資金額を把握しておきましょう。

マンション投資を行う場合、1件当たり2,000~5,000万円の物件を購入する必要がありますが、ローンで購入する場合、物件価格の20%~30%が自己負担額となります。そのため、安い物件を購入する場合には400~600万円あれば購入することが可能になるのです。しかし、最近では、さらに自己負担額が低くなるローンも増えています。

マンションを購入した後は、投資物件として運用を始めます。マンション投資の収益源は家賃収入となっているため、入居者に貸し出すことでお金を得るシステムになっています。この資金を増やしつつ、次に運用する物件の購入資金に回すことで収益を上げていくことができます。ただし、運用するときには気を付けておきたいポイントがいくつかあるので確認しておきましょう。高利回りと呼ばれる物件は多くの収益を得ることができますが、家賃が高い分入居率が下がる可能性があります。確実に利益を得たいなら、入居者の目線に立って運用することも大切です。